日の出珈琲提携農園のご紹介!!


~Da Lat~ Coffee Farm 日の出珈琲のオーナーが、ベトナムを放浪中に中南部の都市ラムドン省の省群である、高原地帯 Da Lat (ダラット) で当時、ベトナムでもあまり栽培されていなかった、「アラビカ種」、「モカ種」の珈琲農園との出会いが日の出珈琲のきっかけとなりました。 ベトナム・ダラットは、フランス統治下時代にフランス人の、高級貴族によって、避暑地として開発された、古き良きヨーロッパとアジアの融合都市のようなイメージです。 標高約1,500mの高原地に位置しており、年間平均気温は18℃~23℃前後であり、東南アジア特有の湿気がないため、別名「“永遠の春の街”」とも呼ばれています。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示