国際コーヒーの日・コーヒーの日


 10月1日は『 国際コーヒーの日・コーヒーの日』



1983年(昭和58年)に一般社団法人・全日本コーヒー協会が「コーヒーの日」を制定しました。この時期は国内の色んな場所で盛んにイベントが行われており、9月の終わりにはアジア最大のスペシャルティコーヒーイベントの「 SCAJ ワールド スペシャルティコーヒーカンファレンス」、「東京コーヒーフェスティバル」が開催されましたね。


10月初旬にはここ福岡でも 「福岡コーヒーフェスティバル」、大阪では日本最大級の「ジャパンコーヒーフェスティバル」など、全国各地のCoffeeLoversは盛り上がる事間違いなしです。また、この日は「国際コーヒーの日」(International Coffee Day)でもあり、嗜好品としてコーヒーの普及を促進を目的に祝典を行う記念日であるため、世界中でイベントが行われています。


10月のこの時期はコーヒー豆の収穫が終わり、新たにコーヒー作りが始まる時期ですので、コーヒーの需要が高まる時期でもあります。



 ご存知の通り、コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料です。原産国はブラジル・エチオピア・ベトナム・インドネシアなどがあり、日本へは18世紀末にオランダ人が持ち込んだと言われています。日本語では「珈琲」と書きますね。


「コーヒー」という名称の起源はアラビア語でコーヒーを意味する「カフワ」が変化したと言われています。「カフワ」とは元々ワインを意味していたのですが、ワインに似た覚醒作用のあるコーヒーに転じたというのがその語源であると伝えられています。一説にはエチオピアにあったコーヒーの産地「カッファ」(Kaffa)がアラビア語に取り入れられたものとも言われています。名称ひとつをとっても、とても歴史がある飲み物だということがわかりますね!


 日の出珈琲はこれからも美味しく、芳醇な香りのスペシャルティコーヒーを広く普及させていきますので、ご愛顧のほど宜しくお願い致します!


37回の閲覧
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

Facebook:@HINODE.COFFEE

Instagram:@hinodecoffee

- ​安心・安全への取り組み -

© Copyright 2017, HINODE COFFEE, All rights reserved.